eBooks:詳細

どちらかが魔女

どちらかが魔女

森 博嗣(著)

英訳者:清涼院 流水

表紙イラスト: ポルカD

表紙デザイン: ターニャ

発売日:2016/03/12

Lulu  amazon(jp)  iBook  nook  
楽天kobo  Google play  

※ 本作を含む、7つの物語をまとめた作品集 も、お求めいただけます。

Luluでカバー画像の下にある"preview" をクリックすると、冒頭部分を無料でご確認いただけます。

  Check  hatena

内容紹介

国立N大学の学生で良家の令嬢である西之園萌絵(にしのその・もえ)は、指導教官の犀川創平(さいかわ・そうへい)らと供に、豪奢な自宅マンションで恒例の夕食会を催していた。今夜のゲストは、萌絵の従兄弟で犀川の友人の小説家、大御坊安朋(だいごぼう・やすとも)。そして、大学時代に大御坊の同級生だった木原恵郁子(きはら・けいこ)。

寂れた喫茶店の暗がりで出会った不気味な占い師の女性について恵郁子が話したのに続いて、大御坊が披露したのは、彼がかつて出会った不思議な女性についてのエピソードだった。

「彼女は、いつの間にか消えて、次の瞬間には、ぼくの近くにいるんだ。まるで魔女みたいに」

ふたりの謎めいた女性の「どちらかが魔女」という言葉をヒントに、犀川と萌絵は、15年前の奇妙なストーリィに隠されていた真実を突き止めることができるのか?

日本ミステリィ界で絶大な人気を誇る "S&M(犀川&萌絵)シリーズ" からの英訳作品、海外からも大反響、大好評につき早くも第2弾登場!!

(本作品は、2001年に講談社から刊行された短編集の1作です)

The BBBでの作品一覧

スポンサードリンク

Page Top

To Top