eBooks:詳細

すべてがFになる: Chapters 4-7

すべてがFになる: Chapters 4-7

森 博嗣(著)

英訳者:清涼院 流水

表紙イラスト: mm

表紙デザイン: mm

発売日:2022/11/24

Lulu  

※本作品は、Amazon Kindle・Apple iBooks・Google Play・楽天Koboなどに配信される見込みです。配信後、本ページにリンクを追加いたします。

hatena

内容紹介

孤島に立つ真賀田研究所で陰惨な殺人事件が発生した。最先端技術で監視されていたはずの厳重な密室から現れたのは、両手両脚を切断され、ウエディングドレスをまとった女性の死体だった。

原因不明の障害で電話や電子メールは使用できなくなり、警察への通報を阻止するかのように第2の殺人事件が起き、ヘリコプターの通信機も破壊された。外界から孤立した孤島の施設で、N大学1年生の西之園萌絵(にしのその・もえ)と、萌絵の指導教官である犀川創平(さいかわ・そうへい)助教授は、研究員たちに話を聞き、独自の捜査を開始する。

やがて、彼らが辿り着いたのは、ほとんどのデータが消去された真賀田四季博士のパソコンに残された、「すべてがFになる」という謎めいたメッセージだった。その言葉が謎を解く鍵ではないかと直感した犀川は思考の筋道を辿って真実に迫る。外部との通信が復旧したことで、事件はクライマックスへと大きく動き出した。

日本の推理小説読者に大きな衝撃を与えた、森博嗣氏の伝説的デビュー作『すべてがFになる』の英語版の分冊第2巻(全3巻)!

The BBBでの作品一覧

スポンサーリンク

Page Top

To Top